陰性の悲しみ、自分の気持ち。

こんにちは、ちゃー子です。

この間、初めての移植が陰性という結果。

この結果を受け止めるのは苦しかった。

泣きたくない、負けたくない、次に向けていく!って精一杯強がってみても、身体は正直。次から次へと涙が溢れてくる。なんで涙が溢れてくるの?何が悲しいの?自分の気持ちも整理がつかない。でも、子供を望んでいるのは私でしょ?私たち夫婦でしょ?嫌なら止めてもいいのに。

でも、止めない。諦めたくない。なら、気持ちに向き合わなきゃ前に進めないんじゃない。

そんな風に自分に自問自答した。

【虚しさ】周りは子供いる夫婦が多いのに、なぜ自分はできないんだろう。

【寂しさ】子供に会えるかもという期待。それが叶わなかった寂しさ。

【怒り】サプリ飲んで、病院行って、出来得る努力したのに、なんで!?

【悲しさ】1回40万以上かかった。それだけお金を費やしたのに結果に結びつかなかった。

【自己否定】なぜ着床しないの?私の卵子の質が悪いの?

【後悔】なんでもっと若い時から病院行かなかったの?なぜもっと早く妊活しなかったの?

【不安】着床できるの?お金はどうするの?いつまで続けるの?

辛い感情に蓋をしたくない。きちんと向き合って、吐き出して、共存していくしかない。

一筋の希望を願って。不妊治療の選択をしたのも自分だから。

なんだか今日は暗い内容になってしまってごめんなさい!

これから妊活する人に伝えたいのは、出来るだけ早く!!!妊活始めよう!!

仕事なんて、キャリアなんて、後でどうにでもなる!

身体の機能は元に戻せないのが真実!

ではでは、また~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする