リプロダクションクリニック東京 体外受精説明会

こんにちは、ちゃー子です。

この間から、気になる都内クリニックの体外受精説明会に参加してます。

杉山S、はらMに続き、最後の候補、リプロダクションクリニック東京の説明会へ行ってきました。HPは、こちら

*杉山Sクリニックのお話はこちら

*はらMクリニックのお話はこちら

 

リプロ東京は、新しいクリニックです。2017〜開院。実は、リプロ大阪の方が歴史があり、そのリプロ大阪が、東京にも開院、といった流れです。

治療のことなど、リプロ大阪のHPの方が詳しく載っていますので、こちらのリンクも貼っておきます。

 

説明会ですが、冒頭に竹内院長からの挨拶があり、その後は録画された以前のビデオを鑑賞する流れでした。

ビデオで使用されるパワーポイントの資料もいただけるので、わかりやすい内容だと思います。特徴として、不妊治療は、「夫婦2人で行うもの」というコンセプトを掲げてらっしゃるクリニックなので、男性へ向けてのアドバイスもありました。もし、まだ体外受精までは考えていないというご夫婦も妊娠の仕組みや、生活習慣(タバコは悪い)とか、射精は毎日行った方がいいとか、夫婦2人で妊活に向き合えるので、1度行ってみてはいかがでしょうか?(●´ω`●)

治療方針などは、事前にリサーチしていた通りでした。

・中〜高刺激で卵をたくさん採る

・分割胚<胚盤胞、新鮮胚移植<凍結胚移植(妊娠率の高さから)

・着床障害〜不育症の検査まで対応している

・男性不妊外来あり。精索静脈瘤の手術は保険適応

 

感覚としては、医師も培養士もよく最新の研究をフォローアップされているし、最先端の医療を享受できそう。また、私は着床障害の検査もしたいのだけど、その検査項目も細かいので、安心できる。

人の性格にもよりますが、何かリスクや原因となりそうなものがあれば、私は徹底的に調べてはっきりさせたいタイプです。。( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

リプロはそういう細かいタイプが合っているのかと。

もっと 大雑把 おおらかな人は、そんな細かい検査なんかしなくていいって人もいるかと思うし、そういう人には、次々と検査オプションがあるリプロは合うか疑問、、、。(*´ω`*)

 

さて、費用は、お高いで有名なリプロ様。

ざっくり計算してみたけど、驚愕だったー。。。

特に、うちは顕微授精が前提なので、その分が加算になる。

あとは、胚盤胞までの培養でも加算。

卵の個数による凍結代諸々、、、。

これ、何回も採卵できるレベルじゃないよ、、ほんと。

ではでは、また〜☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする