着床不全検査の結果:リプロ東京

こんにちは、ちゃー子です。

前回、着床不全の検査の一貫で、血液検査を行いました。

前回の初診レポはこちら

その結果、以下の3項目引っかかりました。

サプリを補充して改善を計ります。

①ビタミンD

②DHEA

③銅

 

 

まず一つ目、ビタミンDが基準値より低い

21.6 NG/ML (基準値:30〜50)

これには驚き。ビタミンD不足は、卵の数や質に影響すると言われていたので、ここ半年くらいずっと市販のサプリを飲んでいました。

それでも足りなかったってことか、、、(・∀・)

摂取していたサプリは、「NatureMadeのSuperD1000I.U」を1日1粒。

クリニックからは、私の場合、1日2000I.Uを摂取してください、って。1日2粒に追加。クリニックでもサプリは購入できますが、摂取量を取れるなら市販のサプリでも良いとのことでした。

 

そして、二つ目。DHEAが基準値より低い。

156マG/DL (基準値200以上)

DHEAは男性・女性ホルモンの原料です。これが不足すると卵の数や質の低下に影響します。これもサプリで補給します。海外からの輸入品で、クリニックで直接購入。1日1粒を摂取します。(1粒=25mg)

 

そして、三つ目。銅の値が高い。

179マG/DL (基準値160以下)

銅が子宮内膜に沈着すると避妊具と同じ効果がでる可能性があり、亜鉛を補充して、銅を減らす効果を狙い、亜鉛サプリを補充する。

こちらも意外でした。やはり、亜鉛は市販のサプリで摂取していました。

摂取していたのは、「DHCの亜鉛サプリ(15mg)」1日1粒。

クリニックからは、1日45mgを摂取するようにと指導を受けました。

手持ちのサプリがなくなってきたので、クリニックで販売しているサプリを購入しました。

 

その他の数値は特段問題なく、ほっとしました。

こちらの数値を改善したからといって、妊娠に直結するわけではないとは思うけど、不安要素は排除しておきたい。

 

次回の診察は、生理3日目です。

早く生理来て欲しいな〜。

ではでは、また〜☆

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする