体外受精 採卵当日

こんにちは、ちゃー子です。

今日は採卵当日のお話です。

私自身、採卵は2回目です。1回目のお話はこちら

ですが、局所麻酔での採卵は今回が初めて!

前回は全身麻酔でしたので手術中の記憶はありませんでした(@ ̄ρ ̄@)

噂によると痛い?!思わず声をあげてしまう?!泣き出してしまう?!

なんて情報もあったりして、完全にビビりモードで迎えた採卵当日(/ _ ; )

実は、Twitterでフォロワーさんから座薬を仕込んでおくといいとアドバイスいただき、事前に処方してもらったのを朝に入れておきました!

 

それでは、流れから順に追っていきましょう。

8:15 受付 → LABOに精液かっぷを提出

8:30 リカバリールームへ移動し、看護士より説明を受ける

手術着に着替えて待機とのこと、手術着は私の大好きなエメラルドグリーン色でしたので、ちょっとテンション上がる٩( ‘ω’ )و

トイレ(中にあった!通常はクリニックの外にある共用を使用。)を済ませて生理食塩水の点滴開始。

採卵は、無麻酔→局所麻酔→全身麻酔の人の順番で進んでいくらしい。私は6番目。同じく採卵する人に無麻酔の方がいて、すごい、尊敬! 

 

9:40 看護師さんに案内されて採卵室へ移動 

入るとDr3名、メディカルアシさん、他に培養士さんもいらっしゃったかな。。とにかく、これだけ大勢の前で股を開けなくてはいけない状況に緊張。さてさて、痛いと噂の麻酔針から。。。アレ?! 痛くない?!ってか本当に針刺した??という感覚でした。

<麻酔針>プスっと感覚はあれど、痛みはなし。

<採卵針>プスっ!こちらの方が感覚ありました。採血くらいの痛みかな。

<採卵時>プス。。。ツンっ。。。ツーン。。ツン。。

     あ、あれ、、、なかなか終わらない。。。

ツンっ。。途中で培養士さんから◯個です。◯個です。と確認できた卵子の数の報告が入ります。事前に24個と聞いていたので、この時点で「まだ半分〜。。もう無理。。。」と緊張も、ツンツンする感覚に我慢するのも限界に達しました。隣で看護師さんは腕をさすってくれたり、手を握ってもらったり、本当に涙が出るほど優しくしてもらいました( i _ i )

どうにかこうにか採卵が終わり、リカバリールームへ帰ってきました。

何時かメモするの忘れちゃいましたが、しばらく横になって起き上がれたのが10:50くらい。痛み止めの内服薬、お菓子とホットココアもいただき、11:00過ぎにはリカバリールームから待合室へ移動しました。結構フラフラ。。。

その後、出血確認のための内診と診察がありましたが、採卵した人が優先されるのか、サクサク進み、11:40にはお会計へ辿りつけました。

この時には、お腹に違和感あれど、お腹すいたな〜、とか、ランチ何食べようかな〜とか考えている余裕もありました٩( ‘ω’ )و 

どうか、無事に受精してくれますように(>人<;)

ではでは、また〜☆

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする