採卵後 受精卵の凍結確認

こんにちは、ちゃー子です。

今日は、採卵後の凍結確認のお話です٩( ‘ω’ )و

リプロ東京では、採卵翌日から3日後にラボに直通電話をして受精卵の状態を確認します。採卵日に26個卵子が採取できたことはわかるのですが、ここからが体外受精の大事な大事なステップ!!!

まず、これら採取した卵子全てに対して成熟具合が確認されます。

大きく分けて、成熟卵、未成熟卵、変性欄に分けられます。

このうち、成熟卵に対して顕微授精を行なっていきます。

私の場合は、以下の通り、成熟卵が20個という結果でした!

採卵:26

成熟卵:20

未熟卵:5

変性卵:1 

つまり、この成熟卵20個に対して顕微授精を行いました。

結果、正常に授精し、分割したものが19個。

そこから、さらに培養し、3日目の初期胚を1個凍結。

これ以降の詳細なお話は、実際に診察へ行き、培養士さんから説明があります。

培養士さんは受精卵の写真と状態を一つ一つ見せてくれながら、とても丁寧に説明してくれました。

継続して培養の結果、5日目の胚盤胞を8個凍結。

6日目の胚盤胞を1個凍結となりました。

胚盤胞が9個出来たことは嬉しい(T ^ T)。。。 

 

この胚盤胞という状態の方が妊娠率が高いという統計もあり、胚盤胞を目指すのは有効な一つの方法です。といっても、初期胚で妊娠しないわけではなく、あくまで確率論だとは私は思ってます。

不妊治療を開始して、全員同じ方法で上手くいくことはないんだと実感してます。その人それぞれが抱えている体の状態も違うし、刺激法も低刺激〜高刺激まであるし、どれが自分に合うかわからない。

だから患者側である私たちは、クリニック選びにとても苦労する。

治療中もこのやり方でいいんだろうか、違う方法もあるんじゃないか、と悩みながらも、目の前のDr.を信じて身体を託しているのが実情。

 

採卵1回目は、低刺激で採卵を行いました。採卵数5、うち成熟卵3未熟卵2。成熟卵を3つ培養し、分割が進んでいたのが2個。この初期胚2個を凍結せずに新鮮胚移植しました。結果は陰性でした。

1回目で上手くいくと期待は大きくしてませんでしたが、じゃあ、いつになったら上手くいくんだろう?

このまま同じ方法を何回も試していいの?

その度に、40万をザクザク支払うの?

それよりも、違う刺激法を試してみたい、高刺激でたくさん採卵して胚盤胞凍結した方が妊娠確率は高いじゃないの?

今、一番卵子が若い状態で貯卵できるだけして、移植を順次していく方が精神的に楽になれるのではないか? 

などと、色々考えてたわけですが、リプロでの初めての採卵で胚盤胞9個出来たことは、転院してきた甲斐がありました! 

さて、次は移植です!

少しずつ、少しずつ。

ではでは、また〜☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする