慢性子宮内膜炎で、移植延期に これでは着床しません

こんにちは、ちゃー子です。

台風19号、皆さま大丈夫でしたでしょうか? 我が家は幸いにも避難をする必要もなく被害を受けることもなかったのですが、TVで放映されている浸水地域の映像に愕然とショックを受けました。

自分の家、車、家財道具が水に浸かり、流れていく。こんなにショックな出来事は無いですよね。気持ちの落ち込みは想像を絶するものだと思います。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りすると共に、少しでも早く復興が進みますことを祈ります。

 

さて、「慢性子宮内膜炎」って言葉ご存知ですか?省略してBCEとも言います。なかなか着床しない場合、これが陽性である可能性があるとして、着床障害の検査項目の一つとなっています。

検査は、子宮内の細胞を採取して病理検査を行うもの。

詳細:松林 秀彦 ブログ 「慢性子宮内膜炎と着床障害」を参照ください。

 

こちらはオプション検査となっていて、着床不全検査のオプションとして提案してもらえるものです。

そもそも、なぜ私がこの検査を受けようと思ったのか?

それは、転院先をリプロに決めたポイントにもなった着床不全検査をしたかったから。

 

今まで、自然でも、AIHでも、体外でも、何一つ陽性反応が出たことない。

いわゆる着床をしたことがない。

これはやっぱり何かおかしいんじゃないか、と自分で思っていたわけです。

 

そこで転院してすぐに、着床不全検査を申し込みました。

 

さて、タイトルにあります通り、慢性子宮内膜炎の検査の結果、やっぱり陽性でした。これではいくら移植しても着床に至らないとのことで、抗生物質を2週間服用し、次の生理が来るのを待って、再検査となりました。

 

この時点で軽くショック、、すぐに移植できるものだと思ってたので、また何も無い日々を過ごすのが嫌で嫌で。やっぱりこれが着床障害の原因の一つだったんじゃないか?っと納得する反面、何でもっと早くこの検査をしてこなかったんだろうって悔しい気持ちも沸き上がってきました。

 

そして、さらに、次の検査は、生理が始まってD7~D10の間!

そこから検査の結果が出るまで2週間。

えーーー、じゃあ、また次周期も見送り。。。

 

なかなかトントン拍子に進まない治療にかなり落ち込みました。

しかも、私は、陽性の中でも一番強い陽性。3段階レベル中の(+++)プラスが3つ!! これ、いつになったら治るんだろう(T-T) 

本当に落ち込みました。。。

ちなみに、これ、なぜ陽性になるのか、どのタイミングでなるのかは不明だそう。1人目を自然妊娠して、2人目不妊の方で、この検査をしてみたら陽性だってこともあるみたい。

でも、慢性子宮内膜炎の検査ってそんなにメジャーな検査じゃない気がする。

前に通ってた小さいクリニックではやってなかったし。

しかも、オプション検査だし。

でも、これが陽性ならそもそも着床しないくらいなら、まず不妊一般健診で検査するくらいでもいいのでは?!と思います。

タイミングやって、AIHやって、体外受精やって、時間もお金も使ってその後、やっとこさこの検査に辿り着いた私からすると、ほんと、もっと早くやっておけばよかった!この一言!

 

今、妊活が上手くいかない、なかなか着床しない、2人目不妊などの方、

一般的な検査に追加して、慢性子宮内膜炎の検査をすることをお勧めします。

検査は、泣くほど痛いですが( ;  ; ) そのお話は、また今度!

ではでは、また〜⭐︎