不妊検査|子宮卵管造影検査を実施

半休をもらい、子宮卵管造影検査を受けてきました。

子宮卵管造影検査とは、膣から子宮の中に造影剤を入れて、X線撮影をします。

これによって、子宮の形状や、卵管がちゃんと通っているかどうかがわかるというもの。

人によっては、痛みを感じたり、気分が悪くなったりするみたい。

まだまだ内診にも慣れてないのに、股を広げたままの体制って恥ずかしい。

ん、、、もう始まってるの??痛みも感覚もそんなにないんだけど。

先生:「はい、終わりでーす」

え、もう?? なんかあっけなく終了。

けっかは、卵管はどちらも良く通ってるとのこと。問題なし。・・・ほっ・・・

そして、なんといってもこの検査後、数ヶ月は妊娠しやすいゴールデン期間♡なのだそう。

なんでも、卵管に造影剤を通すことで、卵管が通り、妊娠しやすくなるという。

私も、そりゃあ、期待しました。なんせゴールデン期間ですから。

しかし、、、残念なことに、この期間ではかすりもせずー。なんで妊娠できないんだろゥ。。。っとネガティブになっちゃいました。。